NEW POST

小さな籠。

b0365901_19275543.gif


小さな籠という意味を持つプチパニエ(petit panier)。アトリエでのレッスンやセミナリオでは籠をテーマにさせていただいています。幼い頃、買い物にでかける母の手に提げられていた手編みの丈夫そうな籠。小さな籠にはいつも市場からのお野菜や果実、新鮮な魚、雑穀、薬草たち。

籠の中身は暮らしのなかでさまざまな表情に形を変えて行きます。暮らすこと、食すこと、纏うこと、どれもが大切な日々の糧です。またpanier de marché パニエ・ドゥ・マルシェ__市場からの籠には、採れたての野菜たちやハーブ、たくさんの自然の恵みたちが詰められ食卓へ。どうかあなたにとっても日々営みがより豊かな緑の時間でありますよう。

-----------------------------------------------------

アトリエでは、日々の暮らしに無理なく取り入れられるハーブ療法や植物療法をご紹介させていただいておりますが、特にお薬の多用が心配な産前産後や出産前準備などデリケートな期間、小さな子やお母様方にふれていただきたいハーブ療法、自然療法なども併せてご紹介させていただいています。また月経や出産で体調の変化しやすい女性のために、年齢を問わずよりナチュラルな植物生活を取り入れたい方のためのレメディーなども。

ハーブにふれてみたい方の初心者用レッスンはもちろん、女性のための_テュ・エ・ベル_(美しい人のためのレッスン)は心と体をキレイにする療法。毎回ゆっくりと内側からキレイになることをみつめながら、より楽しく美しく生きるヒントに加えていただければ幸いです。何よりも人が美しくあることは外見ではなく、まずその考え方、暮らす姿勢から。お肌の美しさ、容姿、体型などよりも、第一に自分を支える意識や内側からのエネルギーを大切する療法です。

市場からの籠_panier du marché<パニエ・ド・マルシェ>_は、毎回、採れたての野菜、新鮮なハーブ、季節の魚介たちなど自然の恵みとともに、多くの驚きや喜びも運んでもきてくれるような気もします。また市場からの籠を大切にしながら、フードマイルも考慮し、新鮮な恵もたちとともにある、'小さな籠のレッスン'(Leçons de petit panier )です。

注)植物療法の講習においては、動物性食品の過度な摂取は控えることとさせていただいておりますが、動物性食品を一切排したヴェジタリアンスタイルの推奨や積極的なビーガン対応ということではございませんのでどうぞご了承いただければ幸いです。


薬草療法では基本的に薬草は乾燥させ用います。これは古代より薬草を薬をとして用いた過程で、季節によっては枯れていたりすることもあるため、病気に備え保存方法が考えぬかれたものです。こうして生まれたものが生薬だったり、さらにこの生薬を一か所に集め、どんな病気の時にも対応できるものにしよう、と知恵を絞って考えられたものが薬局の起源ともなりました。このように古来より生活にかかせない知恵-薬草__いわゆるハーブたちを大切にしたレッスンにゆっくりとふれていただければ幸いです。

------------------------------------------------------

ハーブについて;この薬草たち、5000種とも数万種ともいわれています。中国では1999年に動物、鉱物をふくんだ約9,000種の生薬をまとめた書物も編纂されました。ジャングルなど未開の地、知られざる人々の暮らしのなかでいまだに薬草たちが搾取されプラントハンター達により不公平な商取引が行われるなど、COP10(コップテン)でも問題視されたことは記憶に残る出来事ともいえます。人の暮らしと共に在りながら悪意を持って翻弄されることすらある薬草たち。身近なようでいて意外と知られていないことも多い薬草だったりいたします。私たちのアトリエでは、この薬草たちや人の暮らしと日々かかわる療法や食を通じ、滋味深い日々の知恵、食滋養、身近なハーブ療法、植物療法としてお伝えして行くことができればと思料しております。
--------------------------------------------------------------

レッスンポリシー;ポリシーは普通に無理なく取り入れられるハーブ療法であること。各講習ではフードマイルも考慮しながらなるべく地のもの、国産のものにこだわって積極的に使わせていただいています。菜園からの安全で新鮮な野菜、ハーブたち、宇陀粟谷の平飼い鳥の卵、天然塩、よつ葉など安全な乳製品、無農薬または減薬雑穀、菜種油、その他、国産のオーガニック素材、自然素材など。
----------------------------------------------

滋養のあるものたち;ハーブは勿論、植物の薬用成分は、野菜、果物、雑穀、豆類、発酵食品などとても多岐にわたるものです。この植物たちの薬効成分(フィトケミカル)をそのエビデンスをもとに包括し活用するものが食滋養。その背景の安心できる素材やレシピなど常に安心してお届けできるよう試行錯誤しながら、奈良の伝統野菜たちとともにご紹介させていただいています。
------------------------------------------------------

どうかあなたの緑のひとときも心豊かなものとなりますよう。
by uneanemone | 2016-03-01 15:50 | 薬草・香草講座について

古都・奈良の小さな香草・薬草アトリエ。Cafe chez soi<カフェシェソア>というおうちカフェも不定期開催しています。


by ユヌアネモヌ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30