カミツレの花香油。

b0365901_22585347.jpg

カミツレの花香油。


2週間、植物油に浸けたジャーマンカモミールですが
これは、一種の冷浸法。。。実はつくり方は正しくはありません。

脂溶性成分は若干は抽出できるものの
いわゆる冷浸法では成分は充分に抽出されることはありません。


香油・植物油としての浸出油。。。
インフューズドオイルとしてつくるのですが
薬草の特色によってつくり方が違ってくるのです。
冷浸法、温浸法、またその他。。。。。



薬効成分が程よく抽出されるよう様々な方法を使います。


お薬箱のクラスには検査技師の方、社会福祉施設の方、
看護師さん、etc 。。。さまざまなお仕事の方が参加されていますが
お仕事に直接関わるものでなくとも日々暮らしに用いることができます。


花香油、まずは炎症肌やお肌ケアーなど美容液の代わりに。。。


春からのお薬箱でも様々お伝えする予定です。






名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uneanemone | 2017-02-22 23:05 | 薬草・香草のレクチュール | Comments(0)

古都・奈良の小さな香草・薬草アトリエ。第4木曜日には Café chez soi<カフェシェソア>というおうちカフェも不定期開催しています。


by ユヌアネモヌ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31