NEW POST

桜のラングドシャ―。

b0365901_08163804.jpg

photoが遅くなりました。。。



桜のラングドシャ―。
今年も桜がきれいでしたね。
桜は生薬では<桜皮>を使います。
湿疹、はれ物に、また咳、たんなどに。



樹皮の成分はフラバノン配糖体のサクラニン。
乾燥させた樹皮の内皮5~10gを600㏄の水で
半量になるまで煎じて、一日3回食間に内用するもの。
薬用は6月から7月にかけて採取するのが最適です。





名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uneanemone | 2018-05-28 08:40 | 香草菓子屋 | Comments(0)

奈良の小さな薬草・香草のアトリエです。ユヌアネモヌの野の花薬草綴帖。香茶講座・香草講座 etc プチスクールも開講しています。


by ユヌアネモヌ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31