Romantique herb Note * graine あなたの日々の小さな種に。 アトリエ・ビス©Since1990

Thyme

Thyme_b0365901_22015956.jpg


タイムは大好きなハーブのひとつです。
たくさんの種類があって
その数およそ350種ともいわれています。
シソ科タチジャコウソウ属の総称とされるタイムですが
レモンタイム、クリーピングタイム・・様々なものがありますよね。



園芸用のものもあるので注意が必要ですが
お料理に用いる場合にはコモンタイムがおすすめ。
ブーケガルニなどにしてもよいですが
トマト料理にも合うので
ラタトゥイユ、アクアパッツアなどにもよく使われます。



長時間の料理でも香りがとばないので煮込みとかにも良いのですが
私の場合も自家製ツナと合わせてケークサレに
キッシュのアクセントに
ラタトゥイユに
アクアパッツアに・・と本当によく使うハーブです。




古代ギリシア、ローマでは<勇気><品位><優雅>の象徴ともされ
特にタイムは抗菌力の強いハーブでもあることから
入浴後にこの香りを纏ったりなどし
「タイムの香りのする人」は男性にとって最大の賛辞でもあったそうです。
その含有成分のアピゲニン、チモニンは
鎮痙作用や鎮咳、去痰に用いられ
同じく咳止めや去痰に用いられるアニスなどと一緒に取り入れることで
相乗効果を生むことにもなります。



高温多湿な日本でも育ちやすいハーブですので
お庭にあるととっても便利です。
ドイツでは小児科の呼吸器疾患にタイムのハーブティーも処方されます。
呼吸器系、カタル症状などにも良いハーブ。
精油の単独使用は若干の肝毒性の指摘もあって避けたいですが
ハーブとして用いる場合には安心です。




名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uneanemone | 2021-05-11 22:35 | 植物・薬草・香草のレクチュール | Comments(0)